コンテンツへスキップ

私は若い頃からの旅行好きで、学生時代から国内・海外を一人旅している。

会社の倒産を受けてフリーの身になっている間に長期旅行にはまったりなど、人生の進路にも大きな影響を与えられてしまった。

今は普通にフルタイムで働いているけれど、年末年始の一回だけは海外旅行をすると決めている。

と言うより、年に一回が限界なのだった。

お金がないと言う理由も確かにある。

再就職ができたとは言え給料は下がってしまったので、資金難は否めない。

しかしお金以上に足りないのは時間。

と言うより、休みだ。

海外と言っても色々で、ヨーロッパに行くなら往復に3日は見なければならない。

1週間の休みがあっても、実質4日しか使えない。

年末年始を使って行ってきた中でも、英国、ベルギー、ロシアなどと、タイや上海周辺などとでは、まるで余裕が違った。

日本は世界でも珍しいくらい休みの多い国だそうだ。

ただしそれは散らばっている。

3連休が2回ある月もあるけれど、長期の休みは取れない国だ。

2015年は5連休が2回あるけれど、10連休すら取るのが難しい国だ。

私は周りが同情して涙ぐむほど普段の生活を切り詰めても、年に一回しか旅行に行けない。

長めの休暇など年末年始くらいしかなく、その時期はヨーロッパなら航空券代だけで月給が飛ぶ。

つまり、思うような休みが取れないからお金も足りない悪循環なのだ。

ここ10年ほど、若者の旅行離れがよく話題になることが増えた。

でもそれも当り前ではないかと言う気がする。

今の若い人は中高年よりも将来の不安が大きいのだから。

それでも暗い話ばかりではないのがありがたい。

私は元々安宿派だけれど、最近では中高年の人たちもホステルを使う人が増えているとか。

それは、ビジネスでも使えるようなこぎれいなホステルも増えているかららしい。

そして技術の発展のおかげ、スマホにアプリを入れておけばいつだって宿の検索もできる。

エクスぺディア、ホステルワールド、ブッキングコム、アゴラ、etc. etc...

旅のしにくさを補う方法がどんどん編み出されている。

口コミサイトも多く、自分の都合に合わせた旅行はどんどん簡単になってきた。

これからも不便を補う工夫がどんどん生まれ、それをどんどん活用する事で、楽しく旅を続けていきたい。

私の最大のコンプレックスは、腕やワキの毛がかなり濃いこと!本当に濃いのです。だから今は脱毛サロンに通っています。実家の近くにできた脱毛サロンを選びました。このサイトを見てたら良さそうだったので。

さて、次のコンプレックスは、おでこが広くて、おでこにしわが入りやすいことです。
私は決して禿げている訳ではないのですが、おでこが広いとどうしても、前の部分が禿げているように見られがちになります。「女の子はおでこが狭い方が良い」と言いますし・・・。前髪をセンター分けにしたり暑い時には前髪アップをしてみたいですが、おでこの広さもシワも目立つため絶対にできません。

特に前髪がのびてきて、汗をかくと前髪が水分で束になってしまい、髪がスカスカしたように見えてしまいます。元々スポーツが好きで、休日には友人とサッカー等を楽しんでいるのですが、事ある度に鏡で自分の前髪をチェックし、禿げているように見えないか、束になっていないかと確認してしまいます。

良く友人からも「前髪危なくない?」ですとか「禿げた?」などと言われ傷つくことがよくあります。私は必死に「デコが広いだけだ」と否定し、時には実際に髪の生え際を見せ、自分が決して禿げてはいないことを認めさせようとしてしまいますが、このように必死になってしまう自分を客観視して、嫌になることも多々あります。

また、今後、本当に禿げ始めたらと思うと気が気でなく、実はここ数年、一週間に一度自分の前頭部の写真をとり、自分の前髪の生え際が後退していないかをチェックしています。
幸い、まだ禿げの進行は進んでいないようですが、溜まっていく自分のおでこの記録と歴史を眺める度、なんだか虚しさに襲われてしまいます。

現在はとにかく、後退させないこと、今現状の生え際が自分にとって命がけで死守すべき最終防衛ラインであると言い聞かせて、とにかく出来るすべての禿げ対策を試みております。頭皮マッサージ、女性用育毛シャンプーはもちろん、日常生活でストレスを溜めすぎないように気をつけ、睡眠も良くとり、TVで唐辛子と豆乳が禿げ対策になると聞いたので、これを常食し、禿げ始めないため(決して今はハゲではないのです)、苦心惨澹の努力を行っております。